どうなる?住宅手当のこれから

縮小傾向にあると言われている住宅手当ですが、まだまだ多くの企業で支払われています。
賃貸住宅に住んでいる方にとってはありがたい制度ですが、頼り切ってしまうのは問題があります。

■住宅手当の相場
企業によってばらつきはありますが、2万円前後のところがほとんどです。

■住宅手当の負担
一定の支給をしている企業にとっては、大きな税金負担が掛かります。
支給される側にとっても、税金の負担が強いられることがあるのでかえって損をすることもあります(支給額による)。

■不公平性がある
住宅手当が支払われるのは、基本的に個人で賃貸物件を借りている場合・世帯主として賃貸物件を借りている場合がほとんどです。
ルームシェア・事実婚・住宅ローン返済者・非正規雇用者には支払われません。
特に問題になっているのは非正規雇用者に対してで、同じ仕事をしていても支払われる人と支払われない人が出ることは大きな不公平であることは否めません。

住宅手当に関しては、今後は衰退していく運命にあると言われています。
現状では支払ってもらうことにメリットを感じる方がいても、給与として支払ってもらった方がメリットが大きいと感じている方が圧倒的に多いからです。
企業にとっても大きな経費削減にもなります。
住宅手当を念頭に置いて賃貸物件を契約していた方は、今後は住居を変える可能性があるので注意しましょう。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 自然な美しさと耐久性を兼ね備えた、メンテナンス不要の素材などを余すところなく使用する逗子の注文住宅会社なら、空気の浄化、調湿、抗菌効果など、ずっと住み続ける家の安全性にこだわって施工を行なってくれるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 分からない!住宅ローン! All Rights Reserved.