分からない!住宅ローン! TOP分からない!住宅ローン! >住宅を高く売却するにはどうすればいいの?

住宅を高く売却するにはどうすればいいの?

何かの理由で住宅を手放すことになれば、通常は売却を考えるのが一般的です。
古着や不用品を売却することを考えれば簡単に分かることですが、住宅を売る時も全く同じことが言えます。
古いものを売るには多少のリスクがあり、よほどの好物件でなければ高価格で売るのは難しいと考えてください。

■高く売るには堅実な不動産屋に仲介してもらう
住宅を高く売るためには、不動産屋に仲介に入ってもらって高値で売ってもらうことになります。
不動産屋は高く売れても安く売れても仲介手数料が入ってくるので、多くの不動産屋はできるだけ高い査定を出します。
人気のある物件なら高くても売れますが、築年数がたっていて立地条件も悪い物件ならいつまでも売れ残ります。

堅実な不動産屋の場合、あくまでも売却する方のことを考えて査定を出します。
高価格査定と比べるとがっかりするような額のこともありますが、最終的には高価格査定を出した不動産屋よりも高く売れる可能性があります。
高価格査定を出した不動産屋は、売る気がなければ後から価格を下げていくだけです。
「最低でもこの価格で売りたい」という額が決まっているのであれば、始めに伝えておきましょう。

■確実に売却したいのなら買取をしてもらう
仲介の場合は売りたい額で売れる可能性がありますが、早々に売却したいと考える方もいるはずです。
確実な売却を望んでいるのであれば、不動産屋に買い取ってもらうのが一番でしょう。
不動産屋が住宅を購入し、新たに転売するというのがこの方法です。
売却額よりも高値で売られていても文句は言えませんが、確実にお金が入ってくるので現実的な売却方法と言えます。

仲介なら思わぬ額で、買取なら確実に売却ができます。
どちらがお得であるとは一概には言えないので、どうして売却をしたいのかを考えてから相談をしてください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 分からない!住宅ローン! All Rights Reserved.