分からない!住宅ローン! TOP分からない!住宅ローン! >住宅の建て替えとリフォームはどちらがお得なの?

住宅の建て替えとリフォームはどちらがお得なの?

戸建住宅では、家を建て替えるかリフォームをするかで悩む方が多いでしょう。
バリアフリーにしたいというだけならリフォームだけでも十分ですが、大規模なリフォームを考えているならどちらがお得かを考えて答えを出してください。

<建て替えのメリットとデメリット>
■メリット
・家の基礎も全て新しくするので、耐震性や断熱性に優れた家が建ちます。
・間取りや構造も全て変えられるので、完全なる新築住宅に住めて気分一新ができます。
・ローンを組む場合は、リフォームよりも多額のローンが組めて便利です。

■デメリット
・愛着のある家を壊さなければいけなくなり、思い出は全て消えてしまいます。
・工事期間が長いので、仮住まいを探す面倒があります。
・新たに家を取得することで、不動産取得税・都市計画税・登録免許税といった税金の負担からは逃れられません。
・新築物件と変わらないほどの工事費用が掛かります。
・セットバックで土地が狭くなる可能性があります。

<リフォームのメリットとデメリット>
■メリット
・基礎はそのまま使用するので、建物自体を壊さなくて済みます。
・工事期間が短いので、基本的には引っ越しが必要ありません。
・予算に応じたリフォームができます。
・外装も内装も新しくできるので、見た目には新築と同様の家になります。
・不動産取得税・都市計画税・登録免許税といった税金が軽くなります。
・土地の広さが変わりません。

■デメリット
・築年数によっては強度に不安が残ります。
・補強工事をすると建て替えよりも高くなる場合があります。
・構造によっては自由にリフォームできない箇所が出ます。

現在の建築基準法は2000年に改正されたものですが、東日本大震災の影響もあって今後は新たな改正をする可能性もあります。
建て替えれば最新の工法や建材を使えるので、リフォームよりもメリットが大きくなることがあります。
どちらかで迷っている場合は、建築士に相談をして住宅診断をしてもらいましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 分からない!住宅ローン! All Rights Reserved.