分からない!住宅ローン! TOP > 分からない!住宅ローン! > 新築住宅と中古住宅のどちらを購入した方がいいの?

新築住宅と中古住宅のどちらを購入した方がいいの?

住宅を購入する際に、新築と中古だとどちらの方がいいのかを迷う方がいます。
「人が使っていたものは気持ち悪いから新築に」「新築は高いから中古に」といった考え方をせず、メリットとデメリットをしっかりと把握してから購入を考えた方がいいでしょう。

<住宅を新築で購入するメリットとデメリット>
■メリット
・最新の工法で作られている
・最新の設備やセキュリティが整っている
・住宅ローンが借りやすい
・住宅の寿命が長い
・保証が十分である

■デメリット
・高い
・完成までに周辺環境が変わる可能性がある
・内覧ができない
・施工期間が長い

<住宅を中古で購入するメリットとデメリット>
■メリット
・安い
・内覧ができる
・リフォームをすれば家の中は新築と変わらない
・手抜き工事が事前に見付けられる
・選択肢が多い

■デメリット
・建築された時期によっては耐震性が乏しい
・外観が古い
・工法が古い
・劣化している
・保証が十分ではない
・訳あり物件の可能性がある

マンションを購入するのか、一戸建てを購入するのかでも選ぶ基準は変わります。
最終的には住みやすさが大切になりますが、大きな買い物なので十分に検討してください。
思い付きで購入をすると、後から金銭面や住環境・周辺環境で一生を悩まされることになります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 分からない!住宅ローン! All Rights Reserved.